症状:

使用時 DBCC CHECKDB   REPAIR_ALLOW_DATA_LOSS 次のように、破損した.MDFデータベースを修復するためのパラメーター:

DBCC CHECKDB(xxxx、 'REPAIR_ALLOW_DATA_LOSS')

次のエラーメッセージが表示されます。

メッセージ5125、レベル24、状態2、行2
ファイル 'C:プログラムファイルMicrosoft SQL ServerMSSQL12.SQL2014MSSQLDATAError1.mdf 'は、オペレーティングシステムによって切り捨てられたようです。 予想サイズは5120KBですが、実際のサイズは5112KBです。
メッセージ3414、レベル21、状態1、行2
リカバリ中にエラーが発生し、データベース 'Error1'(39:0)がresからtarティン。 リカバリエラーを診断して修正するか、正常なバックアップから復元します。 エラーが修正されない、または予期されない場合は、テクニカルサポートに連絡してください。

ここで、「Error1」は、修復中の破損したMDFデータベースの名前です。

メッセージ5125 エラーは、割り当てエラーでも整合性エラーでもありません。 これは、データの破損が原因でMDBファイルの末尾の一部が削除された場合に発生します。

エラーメッセージのスクリーンショット:

正確な説明:

MDBファイルの末尾の一部が削除されると、 CHECKDB 報告します メッセージ5125 エラーが発生し、修正してみてください。 データベースを修正できない場合は、 メッセージ3414 エラー。

実際、当社の製品を使用すれば、データベースも復元できます DataNumen SQL Recovery タスクを実行します。

サンプルファイル:

SQL Server バージョン 破損したMDFファイル によって修正されたMDFファイル DataNumen SQL Recovery
SQL Server 2014 Error8.mdfファイル Error8_fixed.mdf

参照: