回復する DWG テンポから描くraryファイル

AutoCADで自動保存機能を有効にすると、 バックアップファイルを自動的に作成する 図面を処理するとき。 デフォルトでは、バックアップファイルはWindowsのテンポで保存されますraryディレクトリとファイル拡張子は.sv $です。

AutoCADがクラッシュしたり、セッション中に異常終了したりするなど、データ災害が発生した場合、に保存されているデータを復元できます。sv $ 自動保存ファイルを見つけて、名前を変更してファイルを作成します。sv $ への拡張 .dwg 次に、そのファイルをAutoCADで開きます。 自動保存ファイルには、最後に自動保存が実行された時点のすべての図面情報が含まれます。

名前が変更された自動保存ファイルを開いたときにAutoCADがエラーを報告した場合は、データ障害のために自動保存ファイルも破損または破損していることを意味します。

AutoCADには、次のように、破損または破損した自動保存ファイルを回復するために使用できる組み込みの「回復」コマンドがあります。

  1. メニューを選択 ファイル>描画ユーティリティ>回復
  2. [ファイルの選択]ダイアログボックス(標準のファイル選択ダイアログボックス)で、破損または破損した図面ファイル名を入力するか、ファイルを選択します。
  3. 回復結果はテキストウィンドウに表示されます。
  4. ファイルを復元できる場合は、メインウィンドウでも開きます。

AutoCADでファイルを復元できない場合は、当社の製品を使用できます DataNumen DWG Recovery 破損した自動保存ファイルを修復し、問題を解決します。

サンプルファイル:

自動保存ファイルのサンプル: sample_autosave.sv $

参照: