MicrosoftAccessデータベースでのシステムオブジェクトの紹介

MDBデータベースには、データベースに関する重要な情報を含むいくつかのシステムテーブルがあります。 これらのシステムテーブルは、システムオブジェクトと呼ばれます。 これらはMicrosoftAccess自体によって維持され、デフォルトでは通常のユーザーには表示されません。 ただし、次の手順でそれらを表示できます。

  1. 「ツール| メインメニューの「オプション」。
  2. 「表示」タブで、「システムオブジェクト」オプションを有効にします。
  3. 「OK」をクリックして変更を保存します。

その後、システムテーブルがわずかに淡色表示されたアイコンで表示されます。

すべてのシステムテーブルの名前はtar「MSys」プレフィックス付きのt。 デフォルトでは、Accessは新しいMDBファイルを作成するときに次のシステムテーブルを作成します。

  • MSysAccessObjects
  • MSysACE
  • MSysObjects
  • MSysQueries
  • MSysRelationships

Accessは、システムテーブル「MSysAccessXML」も作成する場合があります。